カインズの「片手で開け閉めができる保存容器」を使ってみた

お茶っ葉の保存用に、カインズの「片手で開け閉めができる保存容器」を購入しました。

保存容器の有名どころはOXO(オクソー)などがありますが、私には高すぎるので断念……。
わが家ではすでにフレッシュロックの保存容器を取り入れているのですが、その違いや気付いた点などを書きたいと思います!

片手で開け閉めができる保存容器の特徴

届いた商品はこんな感じ。

色々なサイズがありますが、今回一番小さい500mlのサイズにしました。
見た目はOXOと似ているかな? 硬くて頑丈な素材で出来ていますが、ガラスではないので、割れる心配がありません。

上の取っ手部分を上に上げると開けることができ、横のパッキンがかなり強力にきっちりはまっているので密閉力を感じます。

お茶を入れるとこんな感じ。ちょうどよかったです。

無印の「壁に付けられる家具・箱」に置いた様子。真四角なので、余分なスペースがありません。
他にも色々な大きさがあるので、乾燥しては困るものには良いかもしれません。

デメリットを上げるとすれば、都内近郊ではなかなか店舗がなく、オンラインで買う必要があること。
そしてフレッシュロックのように上から中身が確認できないことですね。ただ収納場所にもよるので、上から見えたほうがよいか置き場所を確認してみてください!

他の大きいサイズもありますよ。

タケヤ化学のフレッシュロックもおすすめ

フレッシュロックの500mlサイズはこちら↓。値段はカインズに比べると少しだけ高いです。
軽さはフレッシュロックだけど、密閉力はカインズという感じでしょうか。

まずはひとつ購入して、使い勝手を確認してみることをおすすめします♪
フレッシュロックの記事は以下の記事を参考にどうぞ!

合わせて読みたい

きび砂糖や鶏ガラを入れるのに適したフレッシュロックの容器サイズ