七夕の日、面白法人カヤックの仕事参観日に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日Web制作会社、面白法人カヤックの仕事参観日に行ってきました。仕事参観日とはカヤック社員の家族・恋人・友人が会社を見学できるというイベントです。

7月7日七夕の日、お昼と夜の2部構成から時間を選べ、私は夜17時からの会に参加しました。お昼だと社長さんのお話も聞けたようです。

カヤックが開催している、仕事参観日とは?

はじめにビルの15Fにある会議室に通され、名前を伝えると「KAZOC」という冊子をもらいました。第4号はカヤック検定ということで、16問の設問に答えていくとカヤックへの理解が深められるというもの。手が込んでいます。

写真は撮り損ねてしまいましたが、子ども連れの方がいるためか、お祭りにある綿菓子の機械で綿菓子を作ってもらいました。

また、サイコロで給料を決める面白い行事にあやかった、サイコロの数だけ鳩サブレーがもらえる、という体験では、3の目が出たので3枚の鳩サブレーをGET!
鳩サブレーはたぶん、カヤックの本社が鎌倉にあるからでしょうか?

その後、なんと社長さんが会議室に訪れて、参加者一人一人に挨拶をしてくれました。

200人規模の社長さんがわざわざ参加者に会いに来てくれるというのは、すごいことですよね?

カヤックのオフィス見学

さっそくカヤックがある30Fのフロアーへ。入り口には経営理念のシールが貼ってあります。

入り口の呼び出し電話が古いダイヤル式のものだったので目にとまりました。企業ではなかなか見ないですね。

さっそくフロアーに入ると、目の前に待ち合わせエリアが。来客の方はここに座って待つようです。

待ち合わせエリアには、カヤックが制作したものを何個か体験できるようになっています。こちらは参加者の子どもにも人気だった「ダンボッコキッチン」というもので、iphoneアプリのゲームです。

ダンボールのフライパンや鍋にアプリを起動したiphoneをセットし調理を始めると、フライパンの傾きで徐々に目玉焼きが焼けてジュージューと音が鳴り始めたり、鍋でカレーを選んで蓋を閉めると、暗くなったことを感知してグツグツと野菜が煮え始めます。
まだアプリは正式リリースしていないとのことだったので、リリースが楽しみです!

業務風景は、機密情報が映り込むといけないので写真は撮りませんでしたが、社内を案内してもらいながら見学できました。

私服OKの会社なので、実際に社内を歩くと短パンや袴を着ている人もいて、自由で特殊な雰囲気。

参加者にはおしゃれな軽食が用意されている

一通りフロアを見た後、また15Fの会議室へ戻ると、軽食が用意されていました。お子さんが多いので一口サイズで手軽に食べれる、見た目にも色合いが華やかでおしゃれな料理が多く、味もおいしかったです。
会議室ではテレビにアンパンマンが流れていたので、子供たちは見ながら食べていました。

最後に

家族が働いている会社について、家族の話やネットの情報でしか知らないということが多いと思いますが、実際に行ってみるとこんな場所でこんな人たちと働いていたのか〜! ということがわかって安心できます。

子どもにとったら、お父さんorお母さんに対する尊敬の気持ちが生まれたり、社会科見学になってすごく良い試みだと感じました。

他の日本の企業もぜひ仕事参観日というのを導入してほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼SNSで更新情報つぶやいてます。