出汁を一からとってみることにした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近私は、読みたいと思った本を図書館のサイトで予約してから借りに行く習慣をつけています。
今までAmazonでつい新品をポチってしまってたんですが、図書館に意外とあって驚き。しかも区内で輸送してくれるので、近所の図書館にないからと言って諦めなくても大丈夫。借りた本の延長もできるし、本当に手元に置きたいと思ったらAmazonで古本がないか調べるようにしています。

その中で出会った料理家、ワタナベマキさんの「毎日、こまめに、少しずつ」という本がとっても良かったです。

写真ばっかりでさらっと読めてしまうのかな、と思っていたのですが、これは読み応えがある!炊事洗濯などの家事のこなし方が丁寧にエッセイのように書かれています。
そして基本のレシピやかつお昆布等の出汁の取り方なども写真付きで書いてあって、料理初心者には勉強になって助かる。
出汁はインスタントだと塩分が多かったりするので、本当は一から取りたいと思っていたのです。

出汁の保存容器

さっそく影響を受けて、出汁の保存容器にワタナベマキさんも使用していると言うタッパーウェアを購入しちゃいました。

タッパーウェアは公式のオンラインショップでしか販売していない様子。Sラインという商品で、1Lまで入り2個セットで¥2,800(税込)です。
前々から保存容器はどれを買おうか検討していて、無印良品のアクリル冷水筒も候補に入れていたのですが、横置きにできるメリットはあるものの、ちゃんと密閉しないと横漏れしたり、角が洗いづらく開け閉めに力がいると言う意見もあったので、密閉度が高いと評判のタッパーウェアにしました。
私が購入したものには、うっすらとさりげない柄が入っていました。

出汁こし布

そして出汁をこすために、さらしをAmazonで購入。
本にはキッチンペーパーでも良いとは書いてありましたが、べちゃっとひたってしまうので、さらしがベスト。無蛍光が料理には良さそう。

ザルにさらしを置いて出汁を取っているところ。

IMG_1290.JPG

大体二人分の味噌汁が300mlなので、1L取っておけば3回分の味噌汁に使えます。
また、2日〜3日で味が落ちるらしいので、使い切るにはこのぐらいの量が丁度いいかな。
まだストックのだしの素があるので、使い切った暁には完全に純粋な出汁作りに移行して美味しいお味噌汁や煮物を作っていきたいと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼SNSで更新情報つぶやいてます。