ナチュラル洗剤の正しい保管方法を調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1846

最近、ナチュラル洗剤を使ったお掃除法をかなり見かけるようになりました。
私もこれまでの合成洗剤から卒業して、重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸・過炭酸ナトリウムを取り入れています。

ただこのナチュラル洗剤の粉たち、市販の袋だとチャックの開け閉めが面倒……。
容器に詰め替えるにも、それぞれの適した容器がわからなかったので、これを機に正しい保管方法について調べてみました!

重曹とセスキ炭酸ソーダ

重曹とセスキ炭酸ソーダは湿気を吸うと固まってしまうので、ガラス瓶がおすすめ。万が一固まってしまっても、手で崩して使えば問題ないようです。私が使っている重曹とセスキ炭酸ソーダは次の商品。容量がいろいろあるので、ご家庭にあわせて選んでみてください。

重曹

セスキ炭酸ソーダ

クエン酸

クエン酸は、酸で容器が錆びることもあるので、金属製以外の保存容器であれば大丈夫!

過炭酸ナトリウム

一番間違えると危険なのは、過炭酸ナトリウムの保管方法。過炭酸ナトリウムは、酸素系ナトリウムとも呼ばれています。
コストコで人気のオキシクリーンも、成分は過炭酸ナトリウム。

IMG_1842

過炭酸ナトリウムには、必ず袋に「エアー抜き」がついています。オキシクリーンもプラスチックケースに入れられて売っていますが、過炭酸は密閉保存ができず、ガラス瓶は不向き。
万が一完全密閉してしまうと、空気中の水分と反応して過酸化水素ガスが発生することもあり、ガス圧で容器が変形する恐れがあるので、完全密閉を避けるのがポイント。

IMG_1838

最近メイソンジャーなどが流行っていることもあって、ガラス瓶に入れてしまう人もいるのですが、過炭酸ナトリウムはプラスチック製容器などに保管したほうが良さそうです。

IMG_1837

ただナチュラル洗剤の粉物は、容量が1kg以上あったりするため、詰め替えるにはかなり大きめの容器が必要。。今検討中なのは、100均で売っている米びつ用のプラ容器に、どっさり入れるのが良いかなぁ。

とりあえず私は、すぐ振りかけたりペーストにできるように、100均に売っている空のプラ容器を使っています。これが持ち運びしやすくてとってもラクチン。セリアとキャンドゥに同じものが売っていました。
スプレー用の容器はニトリで見つけました。無印のスプレー容器と迷いましたが、これは100円ほどでお買い得。しかも形が100均で売っているものよりスリムで収納しやすいので、見た目も気に入っています。

オキシクリーンは純正の過炭酸ナトリウムではない

IMG_1839

オキシクリーンはコストコで便利に買えますが、界面活性剤という成分が入っていることがあります。

IMG_1841

私がAmazonで購入したオキシクリーンには、界面活性剤不使用と書いてありましたが、過炭酸ナトリウムと、炭酸ナトリウムの2つが入っていました。そして原産が中国。インスタ情報によると、日本産のオキシクリーンがあり、日本産の方が洗浄力が強いらしいです。もしかしたらその分、界面活性剤など、他の成分が加えられている可能性があるかも。。

IMG_1840

私がオキシクリーンの次に買ってきたシャボン玉の過炭酸ナトリウムは、他の成分の記載はなく純粋な過炭酸のよう。
本当にナチュラル洗剤を極めるなら、オキシクリーンに界面活性剤が入っていないかを確かめるか、純粋な過炭酸ナトリウムの購入が間違いなさそうです。

保管方法はこれでバッチリですが、肝心な掃除はと言うと、まだ本を開いて確認しながら探り探り…。少しずつ使いこなせるようにがんばりたいと思います!
体にやさしい調味料の記事も書いているので、よかったら読んでみてね!

スポンサーリンク