私が新潟に移住して受けた3つのカルチャーショック

今年も気づけば12月と言うことで、移住のアドベントカレンダーに参加して記事を書くことにしました。

私は今年10月末から、縁もゆかりもない新潟に住み始めました。

新潟暮らしで感じたこと

IMG_2162

今日は新潟に来て早1ヶ月、些細だけどカルチャーショックに感じたことを3つ紹介したいと思います。

1.駐車場がこげ茶色

IMG_2156

ネットで物件探しをしていた時に写真で見て、とてもビックリしました。。
後で聞くと、これはサビでした。

私の第一印象は、きたなっ…!
掃除されてないのか、古い物件なのかな…と勘違いして、物件候補から外してしまいました。。このサビは地下から汲み上げた消雪の水がずっと流れていたために出来たサビでした。よりサビている方が、消雪機能が付いている証拠なので、物件としても良いのだそう。
もし消雪機能が付いていないと、雪が溶けずに自力で雪かきをしないと車が出せなくなります。

IMG_2155

とあるアパートの駐車場にて。
とても良い感じのサビ具合です…。この細い配管に小さな穴が空いていて、雪が降る時期には水が吹き出します。

IMG_2157

別の駐車場。こちらはそこまで色が濃くないですね。きっと日当たりなども影響するのでしょう。この消雪機能が実際どのような威力を発揮するのか、雪が降った頃にまた書きたいと思います。

2.コンビニの入り口が2重になっている

IMG_2161

東京ではあまり見かけなかったのですが、コンビニの入り口が2重でサンルームみたいになっています。調べてみると、この空間を風除室と言うらしいです。文字のごとく、風の吹きつけを緩和する目的で建物の入口に用意されています。

IMG_2160

新潟は日本海側に面していて、日によってはかなり風が強いです。ほとんどのコンビニがこのような入り口になっていました。そのうち私もこの風除室の恩恵を感じる時がくるのでしょうか…

3.エアコンの室外機が外壁の上の方に設置されている

IMG_2154

東京だと室外機は地面に置かれているのが当たり前でしたが、新潟は地面から離れた、外壁のかなり上の方に取り付けられています。
見慣れないので、最初は外壁の真ん中は目立ってかっこ悪いな、と思ってしまいました…。。
でもこれも、雪が降ったら室外機が雪に埋もれないようにするための対策なのでした。

IMG_2153

雪国に住んだことがある人なら、当たり前だよ!と言われそうですが、私にはどれも初めての光景でした。