NGT48を劇場で見たら、アイドルをダテに語っちゃいけないって思った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2863

このあいだの記事で劇場チケットが当選したことを書きましたが、やっとその日を迎えたので新潟市までNGT48を見に行ってきました

NGT48の劇場公演、オープン3日目に行ってきた

IMG_2864

NGT48の劇場はラブラ万代にあります。
新潟市は初めて訪れたのですが、東京に住んでいたころに見慣れていた伊勢丹とか、GAPや無印といった定番ショップが入ってるデパートが立ち並んでいて、ごちゃごちゃしている町並みはやっぱり落ち着く!!
さすがに新宿とか池袋に比べたら全然お店はないんだけど、知ってるお店があることの安心感って言ったらない。。

2時間前から受付に行く必要があったので、開演は18時半だけど、着いてすぐ16時過ぎにラブラ万代に向かいました。

ラブラ万代に貼られているポスター

IMG_2862

壁にはNGT48のポスターがいっぱい
メンバーのメッセージがあったので、一部ですが写真におさめて来ました。

IMG_2861

聞いたことなかったので調べちゃったんですが、古参(こさん)とは古くから仕えていること。今ならファンの古株(ふるかぶ)になれるよ!ってことだ。

IMG_2860
IMG_2859
IMG_2858
IMG_2857

受付開始まで階段で待機

IMG_2855

劇場はラブラ万代の5Fにありますが、入り口に着くとすでにたくさんのオタク臭を感じるおっさんたちが集まっていて、若干引きつつ、圧倒されました。。ゴメンナサイ。
誘導スタッフに案内されて、チケットを購入した人はトイレの裏にある階段で待機することに。
壁にこんな張り紙があったのですが、女性・小中学生枠って9人しか枠ないの!?確率低いなぁ。
待ってると30人ずつ受付まで連れて行かれるシステムだったのですが、スタッフの不慣れ感が半端ない。。

IMG_2856

劇場の入り口。

IMG_2854

壁にはライブやレッスン写真がたくさん貼ってありました。

IMG_2853

受付ではAKBグループチケットセンターのサイトに表示されるQRコードを表示して、身分証明(運転免許証など)を提示します。
そうすると手の甲にスタンプを押されます。光を照らすと印が浮かび上がる透明のスタンプでした。

IMG_2850

何の説明もなく赤いピンポン球を渡されます。。なんだこれ??
ファンの人たちが入り口にある赤い穴(↑写真にうつってる)に入れていたので、私もとりあえず入れてきました。たぶん、ピンポン球がどんどん溜まって、壁一面が真っ赤になって、これだけファンがきたよ!って証なのかな?

その後劇場内にクロークとコインロッカー(ともに200円)があるので、上着やカバン等をあずけます。コインロッカーは靴が1足入れられるぐらいなので、上着はとてもじゃないけどロッカーに仕舞えません。なので私はカゴに入れた貴重品やコートを渡し、クロークにあずけました。
※劇場内にカバンを持って入ることはできません。

IMG_2852

劇場内にはおなじみのメンバー写真がずらっと。これ、卒業するときには自分で取り外すんだよねー。

IMG_2851

私の推しメン、アヤカニちゃん(右上)。

IMG_2849

グッズの中に気になるものが!コシヒカリと48穀米の「こめかん」!

スタッフの不慣れ感、誘導がグダグダ

IMG_2848

受付後、買い物をしたかったのに17時半には戻ってきて下さいと言われちゃったので、隣のメガネショップJINSしか見れず、すぐに劇場内へ戻り、整理番号の立ち位置で1時間半ぐらい待たされました。。

18時半公演開始だったはずなのに、始まったのは19時ぐらい。とにかくスタッフが不慣れで、誘導が不効率。ずっと繰り返し注意点とかアナウンスしてるんだけど、館内放送とかで録音したやつ流せばいいのにって思った。ファンもよくわかってない人が多いから、ギリギリになって入ってくる人が多すぎて、早く来ても待たされるだけだったから、待ってても無駄だった。

早く行ったからって、席順が早いわけではなく、その場でビンゴゲームされて10人縛りだったかな?で呼ばれていくので、私の整理番号は31番だったけど、ビンゴの5回目ぐらいでやっと呼ばれて中に入ることができた。

あと気になったのは、中に入る時に金属探知機を体に当てられるんだけど、足元まで当ててないのが不安だった。だって靴の中に何か入れててニュースになったケースあるよ?ちゃんと足元まで金属探知機あててほしいなぁー。そんなこんなで、段取りはグダグダだったけど、公演がスタート!

公演を見た感想(ネタバレあり!)

こっからは個人的感想ですが、想像通りファンの人たちが「ファイヤー!サイバー!○△☓!☓☓☓!」って叫んでて、すっごい圧倒!!
最初は気になってしまったけど、メンバーが出てきたらその輝きに引きこまれて周りが気にならなくなった(笑)。当日キャンセル枠の立ち見じゃなければ、座席があって座って見れたのでラクチンでした。

アイドルを至近距離で初めて見て、まだ3日目なのに想像以上にパフォーマンスが仕上がってて、きっとAKB兼任のきたりえとかにしっかり鍛えられたのかな? と思った。あともうすでにメンバー間の格差があるって思った。

私はお目当てのアヤカニを特に注目して見ていたけど、センターで新潟市出身の加藤美南こと、かとみなの瞳の輝きは別格で、元気いっぱいにポニーテールをガンガンに揺らして踊ってるパワフルさに引きこまれたし、センターになるのも頷ける。

他には上越市出身高倉萌香こと、おかっぱちゃんは地味で冴えない印象を持ってたんだけど、控えめでおしとやかな感じは、独特のオーラがあった。昔のあっちゃんみたいな、応援してあげたくなる感じ? かとみなには悪いけど、この子をセンターにした方が全国区にアピールするには強そうだと思った。

もちろんアヤカニは実物見てもクールで可愛かったし、披露してくれた特技(黒目を八の字に動かせるw)も変わってて好き。見ている人を引き込ませてくれる子と、そうじゃない子の違いが明らかで、本当に厳しい世界だなぁと思った。

曲目は全部で10曲以上あって、盛りだくさんでした。途中の全員分の自己紹介トークはちょっと長いなぁって思っちゃったけど、しょうがないよね…。「桜の花びらたち」をアンコールと合わせて2回歌ったのには、ファンも「えー??」って言ってて、違う曲やって欲しかったな。「NGT48」の曲もアンコールでやってくれて、歌詞がおもしろくて頭に残る歌だった。

見る前は素人のお遊戯会レベルかなって正直ナメてたんだけど、おっさんたちの声援や、帰る時の見送りもがんばって手をふって応えてて、親心に近い感情が芽生えて、すっかりしてやられました。

下は13歳から上は21歳?まで、まだ若いのにメンバー間のせめぎ合いとか、苦しいことが今後いっぱいあると思うけど、もう全てを背負ってがんばってるんだなって思うと、今までテレビで「この子カワイイ、この子ブサイク」とかって見方しかできてなかった自分を恥じました。
まだ大島優子がいたとき、秋葉原ホールでチームKの公演を観に行ったことがあり、その時は2階席でメンバーとの距離が遠くて分かりづらかったけど、劇場は熱が全然違う!違いすぎる!
劇場でアイドル見たことなかったら、だてにアイドルを語っちゃいけない。

平日ならがんばればチケット取れると思うから、新潟県に住んでる人はとやかく言わずにぜひ見に行って欲しい!!

スポンサーリンク