岩の原ぶどう園のワインフェス2016(新潟県・上越市)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iwanohara_wine00

5月21日(土)〜22日(日)、新潟県上越市にある岩の原ぶどう園で開催されたワインフェス2016に行ってきました!

私は普段あまりお酒を飲まないのですが、ぶどう園でしか味わえない樽出しのワインと、ワインに合う食事も楽しめるということで、ガイド付きツアー(3000円)をネットから予約して行きました。

岩の原ぶどう園のガイド付きツアー

iwanohara_wine01

ガイド付きは岩の原ぶどう園の歴史などを屋内で学んだあと、ぶどう園をぐるっと周って説明を受けます。
なんと岩の原ぶどう園の創始者・川上善兵衛(かわかみぜんべい)さんは、国内のぶどうの7割の生産に携わったと言われています。

iwanohara_wine02

“岩の原”の由来は、岩など石ころがとても多いことからそう呼ばれるようになったそうです。機械を入れると壊れてしまうので、手作業で手間暇かけて育てられています。

iwanohara_wine03

こちらはワインを貯蔵している石蔵です。

iwanohara_wine04

中に入ると、一面にワインの樽が隙間なく並んでいて、映画やドラマに出てきそうな光景です。

iwanohara_wine05

醸造2ヶ月〜12ヶ月まで、3種類のワインを飲み比べることができました。

酸味のするワインから、香りが強く苦味を感じるワインなど、素人の私でも違いがはっきりわかりました。

iwanohara_wine06

樽出しの試飲は当日券(2500円)でも含まれていますが、ガイド付きの醍醐味は、ワインと食のマリアージュです。

マリアージュとはフランス語で通常”結婚”を意味しますが、ワインの場合ワインと食事との相性を意味します。

iwanohara_wine07

写真が岩の原の看板ワイン、深雪花(ゆきみばな)です。

左から白ワイン、ロゼ、赤ワインで、ロゼはジュースのように飲みやすくて美味しかったです。お値段は720mlで1本2,179円。

iwanohara_wine08

ワインに合う和食が3品出てきました。ワインのコンセルジュの方から「海外ではワインに洋食を合わせるけれど、日本のワインには日本食も合うんですよ」と言うお話しがありました。

iwanohara_wine09

こちらはワラビの天ぷらです。塩に合わせて食べて、とても美味しかったです。

iwanohara_wine10

こちらはライスコロッケ。お米は十穀米と言うこだわりのライスコロッケで、山芋のすりおろしやひき肉も入っていて、一番おいしかったです。

iwanohara_wine11

手羽先は味が濃くて、赤ワインと合います。味の濃い和食とこんなにワインが合うなんて、とても意外でした。

日本人はみんな洋食にワインを合わせるけど、和食に合わせるのは本当のワイン通かもしれません。

iwanohara_wine12

ワインと食のマリアージュを楽しんだ後、自由行動でテント内に移動します。

チケットと引き換えでワインを楽しめる

iwanohara_wine13

チケットにはワイン専用引換え券15枚、ワイン/フード兼用引換え券5枚、特製オードブル券1枚がついてきます。

*グラスワインとフードの引換えは内容に応じて、2~5枚の引換え券が必要です(追加券も販売します)

引用元:岩の原葡萄園

iwanohara_wine14

こちらが先ほどのマリアージュでも楽しんだ、岩の原ぶどう園の代表するワイン深雪花(ゆきみばな)3種。

iwanohara_wine15

私はスパークリングワインが好きなので、5枚も引き換えチケットが必要でしたが、こちらの“レッド・ミルレンニューム”のスパークリングを飲みました。

iwanohara_wine16

これが、、とても美味しい!!

スパークリングと言えば、モエ・エ・シャンドンのシャンパンしか知らないぐらい知識がなかったのですが、ジュースみたいに甘くてさらっとしていて、その上しっかり冷えていたこともあり、とても美味しかったです。

甘い、という表現でしか伝えられないのが悔しいですが。。こちら一瓶5000円のちょっとお高めなワインですが、日本ワインコンクール2015の白ワイン部門で銅賞を獲得していました。

iwanohara_wine17

フードコーナーは、さきほどのマリアージュで楽しんだ天ぷらなどもあります。

iwanohara_wine18

私は牛すじ煮込みを食べましたが、お肉が柔らかくて美味しかったです。

iwanohara_wine19

こちらはおつまみにぴったりなオードブル。ラップサンドの中身はチーズやハムなどが入っています。

iwanohara_wine20

会場内には、おみやげ屋さんもあり、気に入ったワインを買って帰ることもできます。

ワインフェスが開催していない日でも、店員さんに声をかければテイスティングが可能です。

iwanohara_wine21

受賞した数々の賞を賞状が飾られています。

iwanohara_wine22

ワインの瓶は絶対に飲みきれないので、ぶどう100%のぶどうジュースを買って帰りました。これが濃厚でびっくりする美味しさです。

iwanohara_wine23

行きはガイド付きの場合専用のバスが用意されていましたが、帰りはシャトルバスで帰ります。

iwanohara_wine24

北陸新幹線の停車駅である上越妙高駅で降りることが出来ます。酔いが冷めるまで、駅のおみやげ屋さんで暇を潰すも良し、そのまま電車で帰るのもラクチンです。

秋にはまた収穫時期を迎え、ワインフェスならぬ収穫祭があるようです。秋にしか飲めないペルレというアルコール度数が低いワインが飲めるとのことで、ぜひまた行ってみたいと思います。

父の日などに岩の原ワインはいかが?

2016年の父の日は6月19日(日)だそうです。もしワインがあまり得意じゃない場合は、先ほど紹介したスパークリングワインのレッド・ミルレンニュームがおすすめです。

岩の原ワイン レッド・ミルレンニューム

岩の原 深雪花

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼SNSで更新情報つぶやいてます。