夏に飲みたくなるジンジャーシロップの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ginger_syrup01

暑い夏になると飲みたくなるのがジンジャエール。

市販のものは色々添加物が入っているし、どうせならと自分で作ってしまいました。レシピはWebサイト「北欧、暮らしの道具店」を参考にしました。

用意するもの

ginger01

・しょうが 300g
・黒糖   300g
・水    180ml
・唐辛子  1〜2本

「北欧、暮らしの道具店」では黒糖を使っていますが、私は普通の砂糖にしました。水は焦げ付き防止のためだそうで、普通の砂糖の場合は少しでよいと思います。

ginger03

生姜はスーパーに売っていた高知産のものです。ちょうどレシピ通り300グラムでした。

ginger02

私は砂糖が足りなかったので、三温糖を使いました(笑)。でも味には問題ありません。

ジンジャーシロップのレシピ

ginger04

(1)包丁で生姜をひたすらスライス。

ginger05

(2)鍋にスライスした生姜すべてを入れます。

ginger06

(3)砂糖をその上に入れます。

高知の生姜は新鮮なのか、そのままでもピリッと辛いので、北欧暮らしの道具店のレシピで入れている唐辛子は入れません。

ginger07

(4)20分間、弱火で煮詰めます。黒糖を入れた人や、焦げ付きが気になる場合は、水をいれてください。

ginger08

(5)20分経って、生姜からシロップが出ているのを確認します。

ginger09

(6)シロップだけをザルで取り分け、完成です。

完成!

ginger_syrup

粗熱がとれたら、瓶などに移して冷蔵庫で保管します。炭酸水を買ってきて、シロップと混ぜればジンジャエールの完成です! 思ったよりとってもラクチンで、失敗なく作ることが出来ました。

シロップや果実酒などの保管にぴったり

保存瓶には、日本製のセーラーメイトがオススメです。「北欧、暮らしの道具店」のレシピはこちらから。

スポンサーリンク