【アプリ】スマホの写真が売買できるSnapmartを使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

snapmart-pc

自分の撮った写真が売れるアプリ、Snapmart

snapmart

Twitterで話題になっているアプリ「Snapmart」。私もさっそくダウンロードしてみたので、紹介したいと思います。

どれぐらいで売れるの?

snapmart02

Snapmartで写真が売れたら、50%〜70%がもらえます。さらに出品料は0円!

さらにアプリ内で行われる「コンテスト」は、決められたお題に合わせて写真を投稿するシステムです。例えば「ネイルアート」というお題があったら、ネイルアートの写真を投稿します。Snapmartに入賞作品として選ばれると、賞金や商品がもらえる仕組みです。

SNS連携でアカウントを作れる

snapmart03

メールアドレスでの登録以外に、FacebookかTwitterの認証ができるので登録はラクチン。ハンバーガーで検索してみると、すでにたくさんのおしゃれな写真が上がっていました。

写真を売ってみる

snapmart04

私もさっそくハンバーガーの写真を投稿してみました。食べ物などは、最高750円まで金額を設定できます。人物が写っている場合は、モデル料として最高1000円まで設定できます。

操作感は非常にわかりやすく、サクサク動くので使いやすいです。もし売れたら嬉しくなって、何枚も売りたくなりそうな予感がします! ただ、タグ付けは同じ内容の写真を複数枚アップするときに、コピーできるといいのになぁと思いました。その辺りはまだリリースしたばかりですので、今後の改善を期待したいと思います!

ダウンロードはこちら

気になった方はぜひダウンロードしてみてください♪

スマホの写真を誰でも販売-スナップマート(Snapmart) – Miho Eto

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼SNSで更新情報つぶやいてます。