欅坂46の新曲「二人セゾン」の映像美がやばい

もともとAKB48が好きだった私。今でも動向は追っているけど、最近は乃木坂46や欅坂46の坂系グループの逆襲が凄まじい。

歌もいいし美少女揃いだし、目が離せなくなってきました。

そんななか、昨晩Youtubeで初めて見た、欅坂46の新曲「二人セゾン」。これがめちゃくちゃ良かったので個人的感想を書きたいと思います。

まだ見てないよって人は、次の動画をご覧ください!

欅坂46の新曲「二人セゾン」

曲もいいですが、なにより映像の美しさに引き込まれる!! 光をふんだんに使った映像がまるで映画のワンシーンのよう。

監督は誰なのか調べたところ、前作のカップリング曲「語るなら未来を…」のMVを手掛けた新宮良平(しんぐうりょうへい)さん、そして振付は世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)さんが担当しています。
欅坂のデビュー曲「サイレントマジョリティー」の振り付けを担当したのも、このTAKAHIROさんでした。

メンバーひとりひとりの顔が見えるようになった

今作は欅坂の3枚目のシングル。過去2作のMVをみても、今までカットがなかったメンバーもたくさん映っています。
ただ、今までと違いセンターで14歳の平手友梨奈(ひらてゆりな)さんの登場シーンが少なくなった印象。平手さんのオーラはずば抜けていて、今作のMVのなかでもその姿や表情を追ってしまいます。ちなみにファンの間では、“てち”という愛称で呼ばれています。

keyakizaka46-hutarisezon01

平手さんはまだかと映像を追っていると、中盤以降に登場するダンスソロ。
激しいダンスで顔の表情をはっきり捉えることができませんが、グループ内でもひときわ輝きを放っています!

keyakizaka46-hutarisezon02

欅坂は音楽番組でナチス風衣装を着て問題となったこともありましたが、今回はきちんとその辺りに配慮されたことでしょう。

坂系の衣装は、AKBグループと違って色味が抑えられ、スカート丈が長いことが特徴です。乃木坂の番組で知ったのですが、身長差はあってもスカート丈は横一列に並んでも一直線になるように揃えられているのだとか。

keyakizaka46-hutarisezon03

最後の平手さんのキメ顔。眼力が半端ない。
本人の魅力も最初からあるのでしょうが、ここまでのビジュアルに仕上げた影の人たちの努力はすごいですね……。
毎度のことですが、アイドルのMVを見始めたら仕事の手も止まってしまうので、BGMには不向きなのがいい意味で困ります(笑)。
紅白の出演も決まった欅坂46。どんな演出になるかぜひチェックしたいな、と思っています!

created by Rinker
¥1,418 (2018/09/22 01:01:00時点 Amazon調べ-詳細)