長野県の戸隠神社へ初詣に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

togakushi-hatumoude01

毎年、初詣はどこに行こうか迷いませんか?
本来は家から一番近い神社へ足を運ぶのが習わしなのだそうですが、いつからか少し足を伸ばすことが楽しみになっていますよね。そんな私は今年、戸隠神社の中社へ行ってきました。

戸隠神社

togakushi-hatumoude02

戸隠はおそばが名物。せっかくだからと、帰りに寄りたいお店をピックアップしてから行きました。それがここ、「うずら家」。とても立派な外観なのですが、すでに人だかりができています。

togakushi-hatumoude14

駐車場はこの道を抜けて、約150メートル先にあります。少しわかりづらく、満車となってしまうこともあるので、早めに駐車場を探すことをおすすめします。

togakushi-hatumoude03

記帳台に名前を書いて、順番に呼ばれます。この時すでに1時間待ち。戸隠神社の中社はすぐ目の前にあったので、名前を書いてから先に参拝を済ませることにしました。

togakushi-hatumoude04

鳥居の前にも、そば屋の入店を待つお客さんがいます。

togakushi-hatumoude05

階段を上がると、立派な中社がありました。列は思ったほど長くなく、すんなりと参拝を終えることができました。

togakushi-hatumoude06

おみくじは、年齢を伝えて受け取る仕組みでした。性別と年齢から選ばれているようです。
「此のおみくじはお持ち帰りの上、日常の指標にして下さい」と丁寧に記されています。結果は吉と、昨年と変わらず。

togakushi-hatumoude07

昨年行った善光寺の御朱印の左に、御朱印を書いてもらいました。ついつい、持ち歩くことを忘れてしまって、1年ぶりの御朱印となりました。

うずら家

togakushi-hatumoude09

参拝を終えてそば屋へ戻り、そこから20分ほどしてようやく店内に入ることができました。運良く座敷のある2階席へ。

togakushi-hatumoude08

外が寒かったので、温かいそばを食べたいところでしたが、ここは冷たい天ざるを注文。そばのこしを味わうなら、冷たいざるそば、と決めていました。先に出てきた生わさびは、おろすたびに広がるツンとした香りが心地よい。

togakushi-hatumoude10

天ぷらはどれも衣がさくっとしていておいしい! さつまいもは厚みがあり、食べごたえがあります。

togakushi-hatumoude11

そばはつるっとしたこしが感じられて、これは頼んで正解でした。

「寒かったらブランケットがあるので、声をかけてくださいね」と気遣いのある接客もあり、来てよかったなと思えるお店でした。ただ、外で待っていると相当体が冷えるので、このお正月の時期は万全の対策をして備えたほうがいいです。

珈琲喫茶 十輪

togakushi-hatumoude13

帰り際歩いていると目にとまった、喫茶店。外観は立派な蔵のような建物です。

togakushi-hatumoude12

喫茶店は、内観の落ち着いたゆっくりと流れる時間も大切ですが、マスターから感じられる店への愛着や哀愁のようなものも必要だと思っています。これは私の偏見ですが、そのあたりが感じられると、さらに居心地のよい空間になるなと思いました。少しだけ物足りなさを感じながらも、いただいたカフェオレはおいしかったです。

なにはともあれ、そばの待ち時間以外はスムーズに過ごすことができてよかったです。戸隠神社の奥社ともなれば、車は路上まで駐車され、雪道に注意を配りながら歩かなければならないので、スノーブーツなどを装備して出かけるといいと思います。

今年も1年、こんな調子でブログを更新していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク