炊飯器をやめてHARIOの土釜でご飯を炊くことにした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の炊飯器の調子が悪くなってきたので、先日ついにHARIOの土釜を購入しました。
購入の決めてとなったポイントと、実際に使ってみた感想を紹介します。

気になる土釜、HARIO

HARIOの土釜、使い勝手はYoutubeに動画が上がっており、購入前の検討材料にすごく役立ちました。

◆いいなと思ったポイント

  1. 炊飯器の通常モードより早く炊ける。約10分(蒸らし時間を除く)
  2. ホイッスルが鳴るから、火にかけていることを忘れない
  3. 火加減の調整いらずで、ズボラで面倒くさがり屋でもおいしいご飯が炊ける
  4. 部品が取り外せるから、洗い物が簡単

土釜って火加減の調整がめんどくさいイメージがあったし、炊飯器より時間がかかるものは嫌だと思っていました。
だからこのHARIOの使い勝手がわかった瞬間、ズボラな私にはHARIOがぴったりだなって思ったんです。
高い土釜を買っても、使いこなせなかったら終わり。HARIOは見た目もそんなに悪くないし、フタがガラスのご飯釜だから中の様子がよくわかっていい。

実際に使ってみてとっても簡単!

見てください。本当に動画のようにグツグツと泡が見えて、なんだか面白い。
ご飯を別のボウルで洗って、土釜にセットしたら、あとはホイッスルが鳴るまで強火です。
ホイッスルが鳴ったら1分そのまま、1分経ったら火をとめて15分蒸らして出来上がり♪

Youtubeでは10分で炊けるって書いてありますが、蒸らし時間を入れたら約25分ぐらいですね。それでも、ほとんど放っておくだけなので、とっても簡単なんです。
上記は実際に私が炊いてみたところです。グツグツしてますね〜♪

炊きたてのご飯はとってもおいしいです!
食べられない分はすぐにラップで冷凍しています。けれどもっとおいしく食べたいので、おひつを買うことも検討しています。おひつがあれば、翌日の分は冷凍しなくても、チンするだけでおいしく食べられますからね。

なにより安い

気になるお値段ですが、定価は約9千円なのに、Amazonでは4,972円で購入できちゃいました。
重さは3キロと、私が今まで使っていた炊飯器5合とさほど変わりません。
ズボラさんには持って来いの、簡単土釜です。土釜デビューしてみませんか?

スポンサーリンク