【初心者ブロガー・ライター向け】記事を書いたあとにやっておきたいSNSの表示確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロガーもライターも、記事を書くだけがゴールではないですよね。
読んでもらえない記事は、記事を書いていないのと同じ。私はそう考えています。

もちろん、「記事が役に立たない、面白くない」なら読まれなくても仕方がない。でも、まずは書いた記事を人に伝えないと、せっかくの記事も見つけてもらえません。

この記事では、記事を公開したらやっておきたいSNSの表示確認の方法を、初心者ブロガー・ライター向けに書いています。

いつもは自己満のグルメブログと化しているのですが(笑)、せっかく#3週間ブログ更新チャレンジに参加しているので、ライターの私が実践していることを伝えたいと思います。

TwitterやFacebookにシェアするまえに

記事を書いたら、TwitterやFacebookにシェアしますよね。
読まれなくていいとか、恥ずかしいっていう場合は、シェア不要ですが、、

記事をシェアすると、記事に設定されたアイキャッチ画像(シェア画像)と一緒に記事の情報が流れてきます。
アイキャッチ画像って? シェア画像って?っていう人は、以下の私のツイートを参考に見てください。

上記は私が書いた観光記事のツイートですが、佐渡の写真が表示されていますよね?
これが、私が記事に設定したアイキャッチ画像(シェア画像)なんです。意図して設定しなくても、Wordpressなどのブログサービスを使っていると、勝手に1枚目の画像が表示されることもあります。

でも記事を公開したばかりだと、この画像部分が白紙になったり、うまく表示されなかったりすることがあるんです。

原因は、TwitterやFacebook側がまだあなたの書いた記事を認識していないから。それを避けるために、記事を書いたらTwitterとFacebookにお知らせしましょう。やり方は次に説明します!

TwitterやFacebookのチェックツールで確認

まずはTwitterのバリデータに記事のURLを入力orコピペします。

すると右側に、Twitterにあなたの記事がどうシェアされるかが一目瞭然になります。慣れないうちは、どんな風に投稿が流れてくるか予測できないと思うので、ぜひ使ってみてください。

ここで意図した画像が表示されなければ、記事を編集するなどして変更しましょう。

次にFacebookのデバッカーです。こちらも同様に記事のURLを入力orコピペしましょう。デバッグのボタンを押すと、下にシェアされたときの状態が確認できます。

うまくいかない場合は、「もう一度スクレイピング」というボタンをクリックするか、再度URLを入力orコピペして、ボタンを押してください。

サイトを毎回開くのが面倒だなぁ〜という人は、普段使っているブラウザ(windowsやGoogle chrome)のブックマークに入れましょう。ブックマークバーを表示させておけば、すぐにアクセスできて便利ですよ。

慣れてくれば毎回確認しなくてもOKですが、アイキャッチ画像を変更して、すぐに反映させたい時や、自分で作ったアイキャッチ画像の文字の大きさや位置を確認するのにも使えます。
参考になったでしょうか? それではまた〜

スポンサーリンク