古民家カフェのホタルBarで、夕食とホタル鑑賞の贅沢なひととき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野生のホタルを見たことはありますか?

わたしは小さいころに見たかどうか、、うろ覚え程度。

大人になった今、しっかりとこの目でホタルを見たくて、ホタル鑑賞のお食事会「ホタルBar」に参加してきました!

会場は築170年の平左衛門カフェ

ホタルBarが開催されたのは、新潟県上越市にある、築170年の「平左衛門(へいざえもん)カフェ」。

佇まいからとても素敵なカフェで、私が運営するWebメディア「暮らしミル」で以前取材させていただいたことがあります。

入り口の池には鯉がたくさん。

平左衛門カフェのホタルBar

ホタルBarの内容は、“地元食材を使った夕食を食べながら、運が良ければホタルが見られる”というシンプルなもの。

平左衛門カフェのまわりは山や田んぼに囲まれていて、目の前には水路もあり、ホタルの出現が期待できる場所なんです。

まずは素敵な夕食をいただいたので、料理写真を一気にご紹介!

お料理はコースになっていて、まずは酸味のある、白菜のザワークラフトから始まり、

自家製パンには、

フキノトウを使ったジェノベーゼソースをのせていただきます。

盛り付けがおしゃれすぎるこちらは、カフェの畑でとれたフレッシュサラダ

ボケてますが、左上から梅、ウワミズザクラという花のアンニンゴ(初めて聞いた)、山菜のエゴ、なす。

左から鯛、はまぐり、タコ。

にんにくと和えたタコが、とってもやわらかくておいしかった!!

どこまであるん!?

と思ってきたところに、夏野菜とぬかいわしのガーリックソテー。

しょっぱめの味付けで個人的にはすごく好きな味! だったんだけど量がふたりでは食べきれないほど多かった( ;∀;)

牛頭肉の赤ワイン煮。

肉と人参、玉ねぎが入っていて、どれも箸を入れるだけですっとほぐれ、やわらかくておいしかった!

ここでカフェのスタッフさんから「すぐそばのホタルを捕まえてきました!」と声がかかり、一気にホタル鑑賞モードに(笑)。

あまりに夕食がおいしすぎて、途中からホタルのことを忘れていました(・・;)

初めて間近で見たホタル!

見てください!

まさか捕まえてくるとは思っていたかったので、びっくり! おしりから光を放っています!

夕食を食べていた人たちが一斉に席を立って、みんな写真や動画に必死(笑)。

しかもわたしの指の上に、スタッフさんがホタルをのせてくれたんです!

感動です。ホタルが指の上を歩いている間むずむずしたけど、幸せな気分に(*´∀`*)
もちろんその後、外へ逃してあげました。

ホタルBarのいいところは、ホタルを通じて参加者同士が仲良くなれること。

「ほら見て!」と外から帰ってきた他の参加者が、ホタルを見せてくれるなど、ホタルのおかげでとっても和気あいあい。

でも地元のおじちゃんが酔っ払いながら、「そんなん写真に撮ってどないするん!? ホタルなんか電力にもならんやろ」と言っていてめっちゃ笑えました(笑)。

近くにいた男性は「電力にならないから良いんだよ」と正しい回答。

デザートはスポンジケーキにアイスのせ。

食後のほうじ茶。

食事中は自家製の梅シロップソーダを飲みました。酸っぱくておいしかったなぁ〜。

車を運転するためお酒は飲みませんでしたが、ビール、日本酒、ワインなどお酒のラインナップも豊富でした。

そしてこれだけ食べてホタルを見て、なんと3,000円!

カフェは座席同士の距離が充分に空いているので、まわりを気にすることなく会話をしながらゆったりと食事を楽しめました。

夏の風物詩ホタル。きっと自然のある場所なら見られる場所も多いと思うので、近くのホタル鑑賞スポット調べてみるといいですよ!

平左衛門カフェのホタルBarは毎年7月に開催されています。直近で2回目があるかどうかはまだわかりませんが、もし気になる方は、平左衛門カフェのFacebookをチェックしてみてください!

平左衛門カフェのFacebookページ

●泊まりたい人は、近くのくわどり湯ったり村へ!

平左衛門カフェの場所

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

住所:新潟県上越市横畑524
駐車場:カフェの近くに寄せて駐車することは可能

スポンサーリンク