土用の丑の日はうな次郎のうなぎに決まり!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マツコの知らない世界」でも紹介されて、マツコも大絶賛だったという、新潟の「うな次郎」をご存じでしょうか…!?

すり身なのに、”うなぎのように食べられる”という噂が広まり話題だったので、わたしも興味本位で買ってきました!

うなぎにそっくり…!?
そのお味は??


はい、付属のタレと山椒をかけてみました。
見た目はどこからどう見てもうなぎ、ですよね!?

どこからどう見ても、うなぎ!!

ですが、箸を入れると、通常のうなぎに比べて切りにくく、「あれ、うなぎじゃない…」という疑惑が。いや、すり身だってわかってるんですけどね。

食べてみると、「ん…? 違う」と口のなかで困惑。
見た目はどう見てもうなぎなんですけど、食感とか味わいがやはり違います。

すり身なので、ふんわりとはいかず、パサパサした食感です。
タレや山椒も、うなぎっぽさがあるし、ちゃんと裏側が黒くなってるので、芸が細かい!!
お値段がたしか300円以下なので、1000円以上する国産うなぎを買うと思えば、これもアリ…!?

気になる方は、お近くのスーパーで探してみて下さい!!

スポンサーリンク