スクエア型のまな板が使いやすい! 藤次郎のまな板に買い替えてみた

今まで白いプラスチックのまな板を使っていたのですが、そろそろ買い替え時期だと思い
新潟産の「藤次郎 桐まな板 スクエア F-349」を購入してみました!

まな板はスクエア型が使いやすい

購入したまな板を手持ちのグローバル包丁と並べると、大体同じくらいの幅があります。
長方形のまな板に比べるとすこし大きい印象ですが、重量はたったの660グラムと軽い!

プラスチック製のまな板に比べて包丁の刃が摩擦しにくいので、切れ味が長持ちするそうです。

ブランド名の焼印が入っているので、なんだかプロみたいで気分がいいです。

厚みは2cmほどと、厚すぎず薄すぎず丁度いい。

実際に使ってみても、今まで使っていた長方形のまな板よりも広く使えて料理がしやすいんです。 切った野菜などを隅に置いておけたりと、使い勝手はすごく良いと思います。

キッチンに置いてもそれほど圧迫感はないですね。むしろ置いてあると格好いいです。

素材は桐材で、水はけが良く乾きが早いのが特徴です。菌の繁殖を防げ、衛生的だと思います。
お値段はAmazonで3,851円と定価よりも少し安いので、ぜひチェックしてみてください!