ティファールの電気ケトルが湯こぼれするので、デロンギの電気ケトルを買ってみた

今までティファールの電気ケトルを使っていたのですが、注ぐ時にお湯がこぼれてしまうのが悩みのタネでした。

私が電気ケトルに求めるものがこちらの3つのポイント。

ポイント
  • 色はホワイトが良い
  • おしゃれな電気ケトルがほしい
  • お湯を注いでもこぼれないものがほしい

そして色々調べた結果、ついに新しい電気ケトルをゲットしました! これがとてもオシャレで使いやすかったので、さっそく紹介したいと思います。

デロンギ アクティブ シリーズ 電気ケトル

購入したのはデロンギのアクティブシリーズの電気ケトルです。お湯は1リットルまで沸かせます。

デロンギの電気ケトルには、別のヴィンテージコレクションというシリーズからも電気ケトルも発売されているのですが、そちらは約8000円とお高め……。
おしゃれでレトロなデザインに惹かれましたが、金額で断念しました。

同じデロンギでも、アクティブシリーズの電気ケトルはAmazonで4,900円とお手ごろです。

気になるお湯が湧くまでの音

お湯が湧くまでの音をYouTube動画にアップしたので、参考までにご覧ください。
あっという間にすぐに湧く、とは言えませんが、音の大きさはティファール(0.8Lのもの)とそこまで変わらないかなと思います。

ティファールの電気ケトルと違って、注ぎ口を塞ぐものはありませんが、よっぽど傾けなければお湯がこぼれることはないと思います。

アクティブシリーズの性能

気になる使い勝手ですが、片手でボタンを押すとカチャっと蓋が開くので使いやすいです。
空だき防止機能がついているので、水がなければ自動で電源がオフになります。

ステンレスの電気ケトルだと中身の湯量がわからないのですが、こちらはしっかり確認できます。ただ、ちょうど取っての部分にあるので、水を注いでいるときに確認しづらいです。これはデザイン上、仕方がないのかも。。

水を入れてボタンを下に押すだけで、簡単にお湯が沸かせます。ランプがつくので、暗いところでもONになっているのに気づきやすいです。

ふたつめのデメリットは、コードが灰色であること。コードを後ろに隠すことができればさほど気にはなりません。

ティファールのようにお湯をそそぐときの湯こぼれもないので、デロンギに買い替えて正解でした。やっぱりお気に入りのメーカーで家電を揃えると、気分も違いますね。色はホワイト以外に、レッドとブラックもあります。どれもおしゃれに決まる色合いなので、安くておしゃれな電気ケトルがほしい人にはおすすめです。