弥彦駅からすぐ「やまぼうし」でわっぱ飯を食べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弥彦神社に初詣をした帰り、近くの「やまぼうし」で昼食を食べてきました。

わっぱ飯のさけおやこ

お食事メニューで目に飛び込んできたのは「わっぱ飯」。この辺りはわっぱ飯を提供するお店が多いようです。

“さけおやこ”に惹かれてさっそく注文してみました。

すると、漬物がのったわっぱと味噌汁が運ばれてきました。
中が見えない分、期待が膨らみます。

開けてみると……わぁおいしそう!!
いくらがキラキラしています。ただこれが食べてみると、、

残念なことに、いくらがめちゃくちゃ硬い!!
なんで!?と、夫とお互いに見合ってしまいました。

口の中でプチっと潰れるのが、本来のいくら。でも醤油漬けをし過ぎたのが、とてつもなく硬いんです。

いくらをぶちっと歯で噛むのに必死で、ご飯や鮭のおいしさを味わうのが二の次になってしまい残念な結果に。。
味は普通のいくらと変わりませんが、やはり軽く噛んだだけでプチッと潰れるいくらの方が好きです。

調べると、川に入ってすぐの鮭なら卵が柔らかく、収穫の遅い鮭の卵は硬いということがわかりました。
つまり、旬ではなかったんですね……。

もしかしたら他の”たい”や”かき”の方がよかったのかも。。鮭もいくらがメインだからか、薄っぺらい鮭でした。
ご飯は女性には丁度いいですが、男性には少なめの印象です。

やまぼうしの場所

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

住所:新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦1041-1

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼SNSで更新情報つぶやいてます。