どこに移住したら良いのか? 自分に合った移住先を見つける方法

自然豊かな場所で暮らしたい=地方移住も良いかも、と考える人は少なくないと思います。

私も、色々な情報を収集して新潟県に移住しましたが、自分に合う移住先を見つけるポイントはいくつかあるなと思います。

それをこの記事では紹介したいと思います。

自分に合う移住先を見つけるポイント1

どんな天候が好きか?

今住んでいる場所以外の天候について、あまり普段考えたことがある人は少ないかも知れません。

実際、私は首都圏に住んでいるときに、カラッと晴れる日も多く春夏秋冬を通して割と過ごしやすかったので、他の地域のことについてあまり深く考えたことはありませんでした。

でも実際は、日本の北から南まで季節によって天候が全く異なります。

沖縄は暑く北海道は寒い、ぐらいはイメージできると思いますが、関東より西は天気が良い日が多く、関東より東は曇り空が多くなるんですよね。

また、日本海側なら更に秋〜冬にかけてどんよりとした天気が多く、太平洋側なら比較的晴れ間も多いです。

普通に考えれば、曇り空より真っ青に晴れた青空が好きだと思いますが、寒いほうが好き、暑いほうが好きなど、人によって好みは分かれると思います。

また、次のポイントでも説明しますが、寒い地域の方が食べ物はおいしいです。まずは、自分が好きな、そして暮らしやすい天候はどんなものか、イメージしてみましょう。

自分に合う移住先を見つけるポイント2

どんな食べ物が好きですか?

食事は暮らしにとって切手は切り離せない、大事な行為。

なかには外食で良い!という人もいると思いますが、そんな人は地方でも県庁所在地など、比較的チェーン店や商業施設が整っている中心部を選んだほうがいいでしょう。

もちろん外食できる場所があったほうが、若い人にとっては暮らしやすいと思います。

でも、もしおいしいお米が食べたいとか、新鮮なお魚が食べたいとか、具体的に地元で採れた新鮮な野菜を食べたい、とイメージがある人は、中心部から少し離れて、魚市場や産地直売所、道の駅がある街を選ぶといいでしょう。

魚にかぎっては、日本海側がとてもおいしいです。富山や新潟といった北陸地方は、魚がおいしく、回転寿司でも東京と同じぐらいの金額でとてもクオリティの高いお寿司が食べられます。

また、雪が降る新潟や秋田などは、雪解け水を使用して育てられたお米がとてもおいしいです。

天候のデメリットと一長一短ではありますが、おいしいご飯を重視するか、天候を重視するかは、とても大事なポイントになると思います。