十日町の青空市場で食べるなめこ蕎麦

新潟県の上越市から十日町へ向かう途中に、産地直売所の青空市場があります。

前回訪れたときは、食材を買うだけだったんですが、ちょうどご飯処が営業していたので食べていくことにしました。

青空市場のシンプルなメニュー

メニューが単純かつ明快。
かけそば、かけうどん、なめこそば、なめこうどんの4品。季節によっても変わるのかもしれません。
この他に、おにぎり2個も売ってました。

壁には、宮川大輔さんのサインが。青空レストランかなにか、テレビの収録で訪れたんでしょうか。

注文したなめこそば

なめこそばがやって来ました。
一緒に、左上の手作りこんにゃくも付いてきました。
青空市場でもよく売られている手作りこんにゃく、おいしんですよ。

茹でたこんやくに、醤油をかけて食べるだけ。市販のこんにゃくに比べて、柔らかくてぷるんっとして、刺し身のように食べられます。

そばに入っているなめこは、青空市場で売っている地産のなめこです。

なかにはこんなに大きなものも。かなり食べごたえがあります。

そばは、聞いたところ乾麺を使っているそうです。500円で食べられますからね。
おつゆはシンプルであっさりとしていました。

大学で食べた、学食のそばやうどんを思い出します。意外と麺の量が多くて、お腹にたまりました。

地元のおばちゃんおじちゃんで賑わっていたのですが、私たちが最後に食べ終わりました。お昼は14時まで。

新鮮な野菜や地元の調味料など、ここに来れば肉や魚以外は大体食材が揃います。
夜は閉まってしまうので、午前中に行くのが良いですよ。

青空市場の場所

ルートを検索
住所:新潟県十日町市倉下