図書館戦争のロケ地、十日町情報館は写真を撮らずにはいられない圧巻の図書館だった

俳優の岡田准一さんと榮倉奈々さんが主演を務めた映画「図書館戦争」のロケ地、十日町情報館に行ってきました。場所は新潟県十日町市で、十日町図書館と言っても通じますが、Googleマップなどは十日町情報館になっています。

十日町図書館の撮影許可をもらう

館内で撮影をするには、事務室で許可証をもらう必要があります。
手続きは、氏名と住所、撮影目的などを記入するだけ。

許可証と一緒に図書館の資料も手渡されるのですが、映画撮影当時の舞台裏をリアルに綴った十日町図書館だよりに、館長の小言が混ざっていて意外と面白かったです(笑)

整然と並ぶ書架が圧巻

すごい…。この整然と並ぶ書架の風景たるや。

およそ8万点の資料があるそうです。

実際の映画では、十日町の図書館を含めた複数の図書館を「武蔵野第一図書館」として編集されているのだそう。

読書灯や電源のある一人席が多く設置されているので、読書や勉強の集中力が上がります。

こんなの近所にあったら、スタバに行かずに直行してると思う。

手すり付きスロープで上下階に移動できるバリアフリー構造。

漫画も充実。もちろん原作の「図書館戦争」もありました。

ちはやふるとか最近の漫画もありましたね。たぶん取り寄せもできるんだろうなぁ。

映画撮影時に取り付けられたらしい、図書館の自由に関する宣言。

監督のサイン入りポスターも。

子どもが自由に本や紙芝居を読めるスペースもありました。

吹き抜けの天井で開放感があるし、照明の当て方も落ち着ける感じでちょうどいいんです。

エレベーターが壁の色と溶け込んで主張が無いのも良い。

児童用書籍も充実。

ご飯に関する本がまとめられた本棚は、ついつい目がいってしまいます。

まるで本屋さんみたい。

飯島奈美さんのシネマ食堂は、色んな映画の食事を実際に作ってみたという内容。これは気になる……。

インターネットも、1回1時間で利用できます。

撮影に夢中になっていたら、帰る頃には日が暮れていました。

隣の上越市でも、こんな居心地の良い図書館にリニューアルしてくれたら良いのになぁ〜。

created by Rinker
角川書店 (映像)
¥2,882 (2018/12/13 13:59:02時点 Amazon調べ-詳細)

十日町情報館(図書館)の場所

ルートを検索
住所:新潟県十日町市西本町二丁目1−1
電話:025-750-5100
時間:午前9時~午後7時(その他休館日についてはHPをチェックしてください)
休館日:第4月曜日/年末年始(12月29日~翌年1月3日)/年10日以内の特別整理期間
駐車場:あり
WEB:十日町情報館