ウェブサイトの著作権とは? インターネットを利用する上で知っておきたい著作権のアレコレ

著作権

日ごろ、SNSなどで写真や動画をアップすることは多々あると思います。でも、もしその行為が著作権侵害に当たるとしたら怖いですよね?

著作物・著作権とは?

著作物とは、”人間の思想や感情を創作的に表現したもの”です。つまり私が書いているこの記事も、私の考えを創作して書いている、著作物になりますよね。

そして著作権は、著作物を利用する権利のことです。

この記事は私の考えを述べた著作物なので、許可なしに他のサイト等で利用することは著作権侵害になるわけです。

ですが、著作権侵害に当たらないケースもあります。それが「引用」です。

どこまでが引用?

インターネットでは特定の記事や書籍の一文を用いた引用記事を多く見かけますが、著作物の引用は下記の場合にのみ法律で認められています。

著作権法 第32条
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ報道、批評、研究のその他の引用の目的上、正当な範囲内で行われるものでなければならない。
引用元:書籍「ウェブサイトの著作権」中央経済社より

とあります。

つまり引用には条件があるんです。

私が上記で文章を引用したのも、私の考えを書くために必要な引用なので正当な範囲内と言えます。

ただ、書籍の内容をほとんど載せてしまうのは転載になるので、引用とは認められません。

以前、私も仕事で寄稿した記事をまるっと転載されたことがあったのですが、相手の方に連絡を取ると「引用しただけ」という返信がありました。
もちろん、無断で一言一句そのまま掲載されていたのですから、引用ではなく立派な著作権違反となります。

結果的に、使用料として数万円を請求し、コンテンツを削除してもらいましたが、相手が応じない場合は裁判になった事例もあります。

インターネットの画像はフリー素材ではない

グーグル画像検索などで簡単に画像が見つかるインターネットですが、だからといってタダで利用して良いわけではありません。下記にある通り、すべての画像や動画などは著作権が存在します。

引用の要件を満たさない限りは、許可なしに利用することはできません。

ウェブサイトに画像を公開するということは、第三者がその画像を自由に見ることを認めているだけです。それ以外の、コピーやインターネットで配信するなどの方法での利用まで認めているわけではありません。
引用元:書籍「ウェブサイトの著作権」中央経済社より

著作権について学べる本

そんな著作権について詳しく書かれているのが、「コンテンツ別ウェブサイトの著作権Q&A」という本。

2018年に発売された新しい本なので、最近のSNSやYoutube等の事例を用いた著作権の話が詳しくわかりやすく書かれています。

さらに著作権に限らず、肖像権やプライバシー侵害などにも触れていて、この一冊持っておけば困らない辞書的な本です。

現時点ではAmazonで取扱がなく、楽天で購入できます。気になった方はぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥3,024 (2018/12/13 12:45:21時点 楽天市場調べ-詳細)