妙高の笹ヶ峰高原が紅葉の見頃だったので行ってきた

妙高市の標高1300mに位置する、笹ヶ峰高原に行ってきました。

ご覧のとおり、紅葉の真っ盛り。

朝7時過ぎに現地に到着

山の天気は変わりやすい。

少しでも晴れ間を狙いたくて、いくつかの天気予報アプリで天候を調べてから、朝7時ごろには現地に到着しました。個人的にはウェザーニュースが一番当たってたと思う。

葉にはまだ朝露があり、コートが必要なぐらい寒かったです。

ポイント1
笹ヶ峰高原へ続く山道はとても狭いので、普通車か軽自動車で行くべし

笹ヶ峰高原の清水ケ池へ

笹ヶ峰高原には見どころがいくつもあります。

最初に向かったのは清水ケ池。道を示す看板はいくつかあったのですが、たまたま見つけたこの入り口から行ってみることにしました。

清水ケ池までは約1.5km。遊歩道は落ち葉の絨毯になっています。

スニーカーでも問題なかったですが、前日の雨などでぬかるんでいることもあるのでトレッキングシューズがあると万全。

途中、山から流れる川があったりと、景色を見ながら散策するのに最高!

白樺が美しい。朝早く来たから、行きは人がいなくて写真も撮り放題。

そしてたどり着いた先に、清水ケ池が。

この時期、山の上は雲が溜まりやすく青空とはいかなかったけれど、素敵な紅葉とリフレクションを撮影できました。

行けにはアヒルの家族が泳いでいたり、ジョギングをして通り過ぎていく夫婦がいたり、なんだかとっても平和。

看板には、”笹ヶ峰は妙高火山による堰止湖として形成されたもの〜”と説明がありました。

帰りは脇道から繋がっている牧場を通ることにしました。

笹ヶ峰高原には広大な牧場があって、100頭はいるんじゃないかと思うほど牛がグループで散らばっています。

不思議だけど、人間が見てるとのっしのっしと寄ってくる。

まつげが長くてかわいい。餌はないのよ?

宇棚の清水へ

歩いていると、逆方向に宇棚の清水という看板があったので行ってみることに。

ポイント2
笹ヶ峰高原はトイレがとても少ないので、見つけたらすぐに行くべし

ここが宇棚の清水。

水の流れる音を聞いているだけで癒やされます。

ここにはベンチがあって、川を見ながらお弁当を食べている方々もいらっしゃいました。

寒かったので水は飲まなかったけれど、できればコップを持って行くといいですよ。

食事はお弁当を持参するか、グリーンハウスへ

笹ヶ峰高原の食事処っぽい場所は2箇所発見しました。

ひとつは山菜そばの看板があるお店で、もうひとつはレストランのグリーンハウス

ポイント3
山の上は食事処が少ないので、コンビニなどのお弁当を持参するべし

ラーメン800円、牛丼800円などあるんですが、なかでも驚いたのがこちら。

なにこの、強気な値段…!!

新潟県産ステーキが400gで7,550円、200gで3,750円って、相当おいしいお肉じゃないと付けられない金額じゃない?

写真を見る感じ、至って普通なんですよね(笑)

しかも付け合せがピーマンとじゃがいもって、値段に対して質素な気がw

私はコンビニで買ってきたおにぎりなどを持参していたのでトライしませんでしたが、味はどうなんでしょう??

でも食事スペースは紅葉を見るなら最高のロケーション。

仙人池へ

笹ヶ峰高原に入る手前には、仙人池もあります。

ここは道路から降りてすぐなので清水ケ池のように歩かなくて良いからラク。

こちらも清水ケ池と同様にリフレクションと紅葉がきれい。

三脚や大きなカメラを持ったカメラマンが何人か撮影されていました。

笹ヶ峰高原では野生の猿に出会える

朝から車で何度も往復していると、昼過ぎから野生の猿が山から降りてきました。

こんなに猿に出会えるとは驚き…!

人間には慣れていないので、車の中から撮影してこの距離。餌はあげないでくださいね。

木に登る猿。

猿のしっぽって、ころんとしてるんですね。

昼間には親子の猿が毛づくろいをしている姿も遠くから確認できました。

なかには猿同士が喧嘩をしてキーキー声をだしていたりもしたので、猿を鑑賞するときには無理に近づかず、脅かさないようにしましょう。

今回私は行かなかったですが、笹ヶ峰高原には山登りのコースもあり、徒歩では回りきれないぐらい広大です。

秋はしっかり寒さ対策をして、紅葉狩りに出かけてみてください!

笹ヶ峰高原の場所

ルートを検索

住所:新潟県妙高市大字杉野沢