沖縄の陶芸作家・小泊良さんの個展で念願のフックカップとお皿を手に入れた

沖縄で一目惚れした陶芸作家・小泊良さんの個展が、大阪で行われると知って行ってきました。

小泊良さんの個展2018

大阪・dieci南船場店での個展初日、整理券が配られるため開店前に向かうと、すでに20名ほどの行列が!!

大阪でもこんなに人気なのか…!と行列を目の当たりにしながら、待つこと10分。

なんとか20番目の整理券をゲットし、開店後30分ぐらいで来てくださいと言われました。

その時私の後ろには20〜30人ぐらいの列ができていたので、本当に早く着いてよかったと安堵…。

簡単に昼食を済ませてからお店へ向かうと、ちょうど24番まで中へどうぞ〜とスタッフさんが呼びかけていました。

店内に入ると、そこにはずっと待ち焦がれていた小泊良さんの器たちが…(;_;)

定番のシリーズがずらりと並び、私の好きなカラーのフックカップをすぐさま発見!

これです! ピンクと、沖縄ブルーのフックカップ(;_;)

これが欲しかったんです、感動…! しかもラスト2個だった!

小泊良さんとも直接お話ができて嬉しかった…! インスタのコメントでやり取りしていたので、私のことも覚えていてくれました!

さらに大きめのお皿もゲット。

小泊良さんのサインは全く嫌味じゃなくて、サインが刻まれているからこそ良い味になっているんです。

そしてお茶碗もゲット。どれも柄や形が違うので、ひとつずつ手に取ってから選びました。

お茶碗って内側が白いものが多いので、こういった黒茶色のものが欲しかったんです。

整理券でひとり5個までと決まっていて、ちょうど5個で予算ぎりぎり。

スーツケースで持ち帰ろうと緩衝材も持参していましたが、お店で1,000円で発送できたので安全を考え発送をお願いしました。

お店の方には本当に感謝!!

かわいい…

ラテアートが作れたらもっとおしゃれなんだけど、これで致し方ない…。

夫にはカラフルだから、コーヒーには合わないねって言われたけれど(笑)。

かわいい…。

お店は入り口が小さいけれど、2階に上がると個室が何部屋かあって、意外と奥行きがありました。
大阪まで新幹線で4時間ほど。新幹線ってなんであんなに居心地が良いんでしょうね。

とくに北陸新幹線は新しくて広くてとても快適でした。ぜひ小泊さんには北陸で個展をしてほしいな…。

今回初日でかなり熱心なファンの人たち(私もか)が買い占めていたので、次回はもっと早く行こうと決心したのでした。