大阪のゲストハウスLODGING&KINは手作りの朝食が食べられる居心地の良い宿だった

大阪に滞在した際、ゲストハウスのLODGING & KIN(通称Hostel LnK)に宿泊してきました。

ゲストハウスは安価で泊まれるのが特徴ですが、私はそれよりも人の温もりがあって居心地が良くて、結果的に安ければ嬉しいな、という考えでいます。

ホテルに詳しいお友達に聞くと、LODGING & KINはどう?と言うことで、WebサイトやオーナーさんのTwitterなどを覗いてみたら、なんだか求めていたイメージに近そうだったので泊まってきました。

大阪のゲストハウス LODGING & KIN

チェックインの16時ごろ到着。ゲストハウスは繁華街からは少し離れた、落ち着いた住宅街にあります。

それでも15分ぐらい歩けば通天閣の近くまで出られるので、観光にはわりと便利な場所。

お部屋はドミトリーと個室があります。料金は3,500円〜。

女性限定のドミトリーは予約で埋まっていたので男女共用だったんですが、ドミトリーには珍しい、シングルベットの予約ができるんです。

料金は500円高くなりましたが、これが本当に良かった。

2段ベットの圧迫感がなくって、カーテンを閉めれば個室のような居心地です。

窓が近いので外の声が意外と響きますが、夜中は気にならず就寝できました。

洗面台も清潔感があって嬉しい。

宿泊者だけが利用する玄関スペース。

木の感じが良い雰囲気。

夜はこの看板のとなりの入り口から入室します。

部屋の片隅にあった照明。

このゲストハウスの嬉しいところは、朝食が無料で提供されること!(今だけかもしれないけど)

チェックイン時に「パンですか?」と聞いたら「人数が多かったらパンだし、少なかったらご飯かも」と言われ、ご飯だったら嬉しいな〜と思いながら、眠りにつきました。基本食べ物中心にまわっている私…w

オーナーの気分で変わる朝食

朝起きると、土釜で炊いたご飯、生姜の効いたお味噌汁と、マカロニサラダや漬物などのちょっとしたおかずが!

これが無料でいただけるなんて…!

日によってメニューが違うので何が食べられるかは断言できませんが、朝食がやっているお店を探すのって意外と一苦労なので嬉しいです。

私が色々オーナーさんに話しかけていたら、コーヒーまでいただいちゃいました。

こういった機会がないと、自分から話しかけるなんてなかなか無いので嬉しいですね。

おしゃれなカップ&ソーサー。オーナーさんはゲストハウスを始められるまで、コーヒーを一度も淹れたことがなかったんだそう。

宿泊客は、日本人の方や外国人の方も結構利用されていました。たまたまかわかりませんが、女性の割合が多かった気がします。

置いてある本のセレクトも良い感じ。本屋さんの看板があるから、たぶん売り物だと思う。

今まで泊まったことのある宿と比べて、オーナーさんがとても個性的だなぁ〜と思っていたら、Twitterにこんな呟きがあって妙に納得しました(笑)。

このオーストラリア人が言っていること、なんだかわかる気がします(笑)。

チェックインの時にありがちな、「道に迷いませんでしたか?」とか「遠いところからわざわざ!」といった、そういった掛け合いはないんですよね。

ただなんとなくチェックインして、ただなんとなくチェックアウトするみたいな。

でもなんかそれが返って良かったような気がしています。いかにもなサービスを求めている人には向かないけど、干渉もされないので、自分のペースで居られるんですよね。

そんな雰囲気が好きかも、と思ったらぜひ泊まってみてください。

LODGING & KINの場所

ルートを検索

住所:大阪府大阪市浪速区日本橋西2−8−22
Web:http://lnk.osaka/