大阪名物のたこ焼きは地元民に人気のわなかで決まり!

大阪名物たこ焼き

大阪の友人におすすめしてもらった、わなかのたこ焼きを食べに行きました。

数ある大阪のたこ焼き店の中でも、最も人気のお店なのだそう。まずは心斎橋のアメリカ村店に向かうことにしました。

わなかアメリカ村店

アメリカ村店はアジア系の店員さんが多い印象。

カウンター席でのイートインも可能で、たこ焼きを買ってから自分で持ち運びます。水もセルフです。

大阪名物たこ焼き

友人から「塩がおすすめだよ」と言われていたのですが、勘違いして「ねぎ塩ポン酢(650円)」を頼んでしまいました…。

わなかは味の種類が豊富なので注意が必要です…!

食べてみると、塩が思いのほかしょっぱいのですが、生地がふわっふわのトロトロで美味しかったです!

タコが大きめなのもあって大満足でした。

ソース味を求めて、なんば千日前本店へ

翌日、王道のソース味も食べておきたいなと思い、わなかの別店舗に行くことにしました。

正直他のたこ焼き店でも食べたいところでしたが、わなかのふわトロが個人的に好きだったのと、一番混んでいる店舗に行って食べ比べたかったのも理由にあります。

お店に到着すると、めちゃくちゃ混んでる…!

すぐ隣に、お笑いステージが見られる「なんばグランド花月」があるのもあって、人手がすごいです。

たぶん友人が言っていた塩は、写真の上からふたつめ、”釜炊き塩”のことだったんだと思います。

でも今日は定番のソースをいただくと決めていました。

初めて食べるなら、4種類の味が試せる「大入り8個600円」も良いですね。

お土産に迷ったのが、わなかのたこ焼きの素(1箱500円)。ソースと天かすもついた税込み1,000円のセットもありますね。

散々迷って止めてしまいました…。ごめん。

こちらが定番のソース味。

アメリカ村店と比べると、なんば千日前本店の方がスタッフの手際が良く回転率が早い印象です。

かつお節が多くて、ソースとマヨネーズは控えめですね。

昨日と打って変わってめちゃくちゃ熱くて、なかなかすぐには食べられません(笑)。

冷まして食べないと火傷しそうなほどで、お子さんにあげるのは難しいかも…。

昨日食べたのと同じく、生地がふわっふわのトロトロ!

ひとつにタコが2個入っているのもありました! ラッキーですね。

イートインは土日だったこともあり、かなり混雑していて席が空くまで仕方なく外で食べている人が多かったです。

わなかは大満足だったので、今度大阪に来る時は他の店舗にも行ってみたいと思います。

自宅でたこ焼きをするなら、Iwataniのたこ焼き機がおすすめです。たこ焼きは火加減が命ですよ〜。

わなかの場所

ルートを検索
■なんば千日前本店
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-19
時間:(月~金) 10:00~23:00/(土・日・祝) 8:30~23:00

■心斎橋 アメリカ村店
心斎橋駅7番出口より徒歩10分

WEB:わなか公式サイト