マップカメラの先取交換で、広角単焦点レンズのSEL28F20を手に入れた

長年お世話になった初代カメラのα5000とおさらばし、新たに広角単焦点レンズのSEL28F20をお迎えしました。

利用したのは中古カメラやレンズが購入できるマップカメラの先取交換

WEBサイトから古いカメラとの交換で、差額で新しいカメラやレンズをお迎えできるという便利なサービスを使いました。

さっそく購入した中古レンズを紹介したいと思います。

便利なマップカメラの先取交換

レンズはマップカメラで購入して2日以内に到着。

日付指定もできるし、交換する古いカメラやレンズを郵送するのは後日で良いので楽ちんです。

マップカメラで出品されている中古カメラやレンズは、自分でランクをチェックし購入できます。

私は箱あり、美品を選びました。ランクは美品、良品、並品と下がっていきます。

2019年1月現在、ソニーストアで新品57,110円(税込み)のところ、44,800円(税込み)で購入したので、12,000円の節約です。

SONYではキャッシュバックキャンペーンがあるので、写真のようにバーコードが切り抜かれている中古品も多いです。

私は将来的にレンズを売ることを考え、同じ美品のなかでも箱ありを選びました。

ただマップカメラの買取を利用するなら、箱のありなしは査定に響かないので、箱ありを重要視しなくても良いかなと思います。

気になる中古レンズの状態は?

こちらが今回購入した中古の広角単焦点レンズ「SEL28F20」です。

軽量で持ち歩きに適していて、さらに別売りのウルトラワイドコンバーターなどが用意されており、超広角や魚眼撮影も可能になります。

多少のホコリは付いているものの、美品とだけあって傷は一切なくキレイです。

個人的にはほぼ新品と変わらないように感じます。

レンズの内径は49mmと小さめ。

ちょうど以前使っていたKenkoのレンズフィルターがあったので、取り付けることに。

万が一レンズが割れたときに保護してくれるので、レンズフィルターは欠かせません。

created by Rinker
ケンコー
¥1,554 (2019/02/16 00:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

α7IIに取り付けた状態を、iPhoneで撮影してみました。

横から見ても本体に比べてすっきりとしたレンズですね。

レンズが軽いので、フルサイズのカメラに取り付けても持ち運びしやすいと思います。

程良い広角で値段も安く手に入るので、SEL28F20は広角レンズデビューにもってこい。

カールツァイスなどの上級レンズに移行するのは、このレンズに慣れてからでも遅くはないかと思います。

まずはいろいろな写真を撮ってみたいと思います。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥46,703 (2019/02/16 00:26:52時点 Amazon調べ-詳細)