意外と知らない? 雪国特有の変わった暮らしのルール

雪国特有の暮らしのルール

雪の多い地域には、他の地域にはない雪国特有の暮らしのルールが存在します。

実際に私自身が体験したり聞いたりしたことを、紹介したいと思います。

冬季間のタクシー料金が20%割増になる

季節問わず、空港や新幹線を利用して旅行に行くことがありますよね?

そんな時、家族や親戚が近くに住んでいれば駅まで車で送ってもらえますが、時間帯が早かったり家族旅行だとそうもいきません。

つい先日、私が早朝の新幹線に乗るためタクシーを予約しようとタクシー会社に電話するとびっくり。

「冬季間なので料金が20%増しになりますが良いですか?」と。

あとで調べて知ったのですが、北海道や東北、北陸の一部で12月から2月まで適用される運賃体系で、雪の量に関わらずタクシー会社の運賃が2割増しになるんです。

下記の糸魚川タクシーさんのFaceBookに詳しく書かれています。


どんなに雪が少なくても20%増しになるのは痛いですね……。

けれど、冬はスタッドレスタイヤに交換したり、除雪をしたりと、何かと経費もかかるので致し方ないのかもしれません。。

冬季間は不燃ごみが出せない

新潟県妙高市や長野県信濃町では、冬季間に不燃ごみが出せないというルールがあります。

私はとなりの上越に住んでいるので、季節問わずゴミ出しができるのですが、妙高や信濃町に住んでいる方に聞いてびっくりしました。

不燃ごみは、主にダンボールや瓶、缶です。

地域によって期間は変わると思いますが、もし不燃ごみの量が多いという人は要注意です。

おそらく全国的に豪雪地帯に適用されるルールだと思うので、移住を考えている人はゴミ出しのルールなどを予め知っておくと良いでしょう。