福岡のご当地グルメ!糸島が本店の「牧のうどん」に行ってきた

福岡といえば博多明太子や水炊きなどが思い浮かびますが、地元民が気軽に食べるソウルフードと言われるとぱっと思いつきませんでした。

福岡の糸島に滞在中にネットで検索してみると、ちょうど糸島に本店がある「牧のうどん」がご当地グルメなんだとか!

さっそく行ってみることにしました。

福岡うどんは、やわやわが主流?

こちらが牧のうどん本店です。

たしかに福岡を車で走っていると、よく見かけたのがこの看板。果たして、はなまるうどんとどう違うのでしょうか?

店内はかなり広く、おひとり様でも気兼ねなく食事できる大衆的な雰囲気。

座席には、一見、どう記入すれば良いかわからない伝票があったのですが、店員さんに声をかけるとオーダー通り記入してくれました。

牧のうどんは、柔めん・中めん・硬めんの3つから麺のゆで加減を選びます。

事前調査では柔めんだと箸で切れてしまうほど柔らかいらしく、私は中めんにしました。

テーブルにはセルフサービスの葱がてんこ盛り。

人気No.1は肉プラスごぼうらしい。

大人でも注文できるお子さまセット

そして出てきたのがこちらの、お子さまセット(530円)!  牧のうどんは、大人でもお子さまセットを頼めるんです。

一緒に付いてくるご飯は、福岡名物のかしわご飯。甘めの炊き込みご飯ですね。そして銀のポットには、麺がスープを吸ってしまった時のための追加スープが入っています(笑)

食べてびっくり。中めんでも想像以上のやわらかさ!!

ご飯で言うと雑炊にしたような、お腹にはやさしいけど、新食感すぎます(笑)。

でもスープが甘じょっぱい味で、さすが醤油も甘い九州ならではといった感じ。わりと好きな味です。

硬めんは普通のうどんじゃなかった

夫は、肉プラス野菜うどん(690円)の硬めんを注文していました。

硬めんが普通のうどんに近いのかな?と思ったんですが、ほんとに少ししか茹でてないようで、コシがない(笑)

福岡では、ラーメンはバリカタなど硬めですが、うどんはやわやわ。

博多華丸さんによると、ラーメンはお客さんがせっかちで早く食べたいから硬めんで、うどんはお店が茹でて待っているから柔らかいんだとか。

価格も安くてボリュームたっぷり食べられるので、ぜひ福岡旅行で体験してみてほしいお店です!

パートのおばちゃんがすごく元気で、レジで声をかけてくれて優しかったなぁ〜。

牧のうどん 加布里本店の場所

ルートを検索

住所:福岡県糸島市神在1334−1
駐車場:あり
電話:092-322-3091